小林文治

1957年山梨県韮崎市生まれ

鍼灸師・あんまマッサージ 指圧師

 

地元の学校を経て、立命館大学経営学部卒業・国際鍼灸専門学校卒業

中学一年の時、甲府の弦武館空手道場に入門、小倉庸義師範より琉球空手の指導を受けました。

大学時代を京都ですごし、ひき続き空手と古武術の練習に明け暮れました。

この時期、歴史的興味と足腰の鍛練から碁盤の目と言われる京都市内と周辺地域を隈無く歩き尽くします。

少年期には強い者への憧れから始めた武道でしたが、幼少より少・青年期に病気がちあったこと、また練習等による多数の怪我などから当初より東洋医学への関心を強く持っていました。

数種の職業を経て、鍼灸マッサージの学校に学び国家資格(鍼灸師・あんまマッサージ指圧師)を取得しました。
以後本格的に東洋医療を志すことになります。

その過程で操体法の創始者・橋本敬三医師の直弟子・滝津弥一郎先生より操体法の伝授を受け、その実践と普及に努めさせていただいております。

1990年ある縁により台湾でマッサージの見習い修行をした際、高尾の佛光山寺院で僧侶より氣功法の治療と指導を受けました。この体験が氣功研究の始まりとなります。

各地(台湾・仙台・小山・東京等)で修行の後1991年に開業。

その後さらに医療技術向上のため、TDE(日本で開発研究された氣・エネルギー)とそれを用いた施術法(TDE式調整法)の伝授をうけました。

専門学校講師歴任

1997年に海老名市の日立製作所で健康講演会をしました。これをはじめとして各地の整体やトレーナー等の養成所で多くの講習をしております。

趣味は動物園・水族館巡り。邦楽・落語鑑賞。

自分の技術を通して、ひとりでも多くの方のお役に立つべく研鑽の日々を送る。

 
Copyright(c) Chiryoshitsu-lucky